【Ask about our custom printing】
オールド活版印刷機でレタープレス、箔押し、エンボス、デボス、バーコ(盛上げ)、小口染めの印刷・加工をしている大阪の活版印刷所【なに活】です。
名刺、招待状、ステーショナリー、年賀状のカスタムプリンティング承ります。 ワークショップや、活版印刷機の時間貸しもしています。

 なにわ活版印刷所 ホームページ
 http://www.nanikatsu.jp/

* 
 活版ワークショップ in 大阪
 次回は2017年4月22日開催です。参加者募集中です。
*
 Prismショップ  レタープレスと紙雑貨
*
 なにわ活字店 欧文活字と装飾活字の販売
*
 なにわレタープレス製版所
 樹脂版の製版サービス
 

2011年9月30日金曜日

【祝】Bowne & Co., Stationers再開へ!

Bowne & Co., StationersはNYのThe South Street Seaport Museumにあるレタープレスとステーショナリーのお店です。
19世紀に栄えた港を観光施設としたSouth Street Seaport Museumの一部として、19世紀の雰囲気の残る店内で古い足踏み式の印刷機による印刷と、カードや雑貨類の販売をしていました。

公式HP(更新されていません)
http://www.southstreetseaportmuseum.org/index1.aspx?BD=9147

店内の様子(元スタッフたちによるHP「Friends of Bowne」)
http://friendsofbowne.wordpress.com/photos/


ところが2011年2月中旬、上部組織のSeaport Museumの財政的な問題から閉店されてしまいます。
公式HPは更新されずに放置されたまま何の告知もなく、5月の出張では閉店を知らずに訪問し、大変がっかりしました。
NY到着の翌日で寝不足と時差から目眩がしていたこともあり、店の前のベンチ座り込んで、しばらく動けませんでした。
定休日や営業時間をWebで下調べして行きましたので、店頭にも何の告知も掲示されていないため訳が判らなかったのです。
次ぎの予定もありましたが、なかなか立ち去ることも出来ず、ただ未練たっぷりに窓から店内を覗いては、ため息をつくばかりでした。


それがこの度、元スタッフや有志たちによる署名活動や精力的な働き掛け【Save Bowne】が功を奏し、再開する方針になった模様です。
再開時期についての公式発表は未だありませんが、今秋からの再開を目指しているとのことです。
(10/14から当面金曜日のみ再開することになったそうです)
これまで運営の一部をボランティアスタッフに依存するなどしていた収益面での課題を、自立に向けた改革で改善できるかが成否の鍵になりそうです。

[Friends of Bowne] 元スタッフによるHP
http://friendsofbowne.wordpress.com/

[Friends of Bowne]フェイスブック
http://www.facebook.com/pages/Friends-of-Bowne/193849200648544

再開を伝えるマンハッタンの地元メディア [DNAinfo.com]

[Save Bowne & Co., Stationers] 存続の請願署名HP
なに活も257番目のサポーターとして署名しましたので、親友のことのように嬉しいです。

なに活の工場にも、復活を願う【SAVE BOWNE】のポスターが貼られているのにお気づきでしたでしょうか?
「願えば叶う」…ホント実感です。
またNYに行きたくなってきました。

このビデオを見れば、きっとこのお店に行きたくなりますヨ!
↓↓↓
http://vimeo.com/11581826


なに活ムービー

人気の投稿

Translate