8月11日(金)~16日(水)まで夏季休業とさせていただきます。


【Ask about our custom printing】
オールド活版印刷機でレタープレス、箔押し、エンボス、デボス、バーコ(盛上げ)、小口染めの印刷・加工をしている大阪の活版印刷所【なに活】です。

名刺、招待状、ステーショナリー、年賀状のカスタムプリンティング承ります。 ワークショップや、活版印刷機の時間貸しもしています。


 なにわ活版印刷所 ホームページ

 http://www.nanikatsu.jp/


* 
 活版ワークショップ in 大阪

 次回は2017年8月26日(土)開催です。満席になりました。
*
 Prismショップ  レタープレスと紙雑貨

*
 なにわ活字店 欧文活字と装飾活字の販売
*
 なにわレタープレス製版所

 樹脂版の製版サービス

 

2014年5月26日月曜日

5月度ワークショップレポート

先週の土曜日に貸し切りワークショップを開催しました。

定番的な用紙から個性的な用紙までご用意しており、製版の待ち時間で用紙をお選びいただきます。
ワークショップでは30枚印刷していただきますが、オプションで追加も可能です。
カラーチャートの配合表を参考にして、初めての方も気軽に特色づくりをお楽しみいただけます。
PANTONEのチャートは上質紙(U)とコート紙(C)に分かれています。
ワークショップでは非塗工紙をメインに使いますので、チャートは上質紙(U)を使用します。
テフート(印刷機)の操作そのものは簡単ですが、クオリティを追い求めると奥深い世界です。
他の方の刷りに学ぶことも多く、印刷の手を休めて活版談義も楽しいひとときです。
デザインによっては部分的に圧の強弱を調整する必要があります。
ムラ取り紙は胴張り紙の下層に貼るのが本来のやり方ですが、今回は簡易的にトップシートに加工しました。
4名様以上で貸し切りできます。気心の知れたお仲間同士で和気あいあいとお楽しみいただけます。
オプションには手漉き和紙もご用意しており、阿波、越前、近江、名塩、美濃の各産地から、楮、三椏、雁皮、竹、コットン製を取り揃えています。
こちらは越前の雁皮紙です。


活版ワークショップに参加しよう!



  次回のワークショップは7月26日(土)です。
  ワークショップの詳細、お申込みはこちら

  ※4名以上で貸し切りワークショップできます






日本の伝統的手漉き和紙に刷ってみよう! (オプション)

手漉き和紙名刺(耳付き、耳無し)は5枚300円~からご用意しています。
産地や素材の違いを刷り比べてお楽しみください。
・楮(こうぞ)
・三椏(みつまた)
・雁皮(がんぴ)
・竹
・コットン
・小形サイズ1 (約49×85mm)
・小形サイズ2 (約41×76mm)

(左)通常サイズ(約55×91mm) (中)小形サイズ1 (右)小形サイズ2

※耳付き名刺の注意点
 ・小形サイズご希望の方は、お申し込み時にお知らせください。
 ・在庫は常に変動しております。あらかじめお知らせいただければお取り置きいたします。
 ・手漉きのため、サイズ、厚みに個体差があります
 ・デザイン(余白の取り方やレイアウト)によっては傾きが目立つ場合があります。

活版作品をLAで販売してみよう! (オプション)

ワークショップで刷った作品をLAで販売してみませんか?
詳しくは「あなたのカッパン作品をLAに」をご覧ください。




なに活ムービー

人気の投稿

Translate