【Ask about our custom printing】
オールド活版印刷機でレタープレス、箔押し、エンボス、デボス、バーコ(盛上げ)、小口染めの印刷・加工をしている大阪の活版印刷所【なに活】です。
名刺、招待状、ステーショナリー、年賀状のカスタムプリンティング承ります。 ワークショップや、活版印刷機の時間貸しもしています。

 なにわ活版印刷所 ホームページ
 http://www.nanikatsu.jp/

* 
 活版ワークショップ in 大阪
 次回は2017年8月26日(土)開催です。参加者募集中です。
*
 Prismショップ  レタープレスと紙雑貨
*
 なにわ活字店 欧文活字と装飾活字の販売
*
 なにわレタープレス製版所
 樹脂版の製版サービス
 

2015年12月30日水曜日

レタープレス修行の旅2015 その4

飛行機とレンタカーでアメリカを西から東へ移動し、レンタカーの総走行距離は2,300kmになりました。
いよいよ6州9都市を2週間で巡った修行の旅のしめくくり。

レタープレス修行の旅2015 その1」、
レタープレス修行の旅2015 その2」と
レタープレス修行の旅2015 その3」の続きです。

DAY 11 : 10月12日(月)ロチェスター(ニューヨーク州)
NY州ロチェスターにあるロチェスター工科大学(RIT)のCary Graphic Arts Collectionを訪問しました。キュレーターのスティーブがコレクションの案内をしてくれました。
















資料室に入ってすぐの壁面に、ローマのトラヤヌス帝の碑文の拓本が展示されています。
トラヤヌス帝の記念柱に刻まれた文字は、活版印刷術が確立された15世紀から今日に至るまでローマン体大文字のお手本として知られているもので、この拓本はエドワード・カティチが1936年に作成したものです。
















この時、エドワード・カティチが作成した碑文の複製がシカゴの某印刷会社にあるとのことで、昨年の修行の旅で訪問を計画していました。
残念ながら昨年はアポが取れず見学は叶いませんでしたが、今回、拓本ではありますが紀元2世紀に刻まれた文字を間近で確かめることができて嬉しかったです。
















パペチュアやギル・サンなどのタイプデザインで知られるエリック・ギルのレターカッティングの展示。
















エリック・ギルがデザインした書体見本帳で、本人の蔵書だったもの。
印刷に気に入らない箇所があったようで、書き込みがされている。
























数々のカリグラフィー作品や書体デザインで知られ、惜しくも今年の6月に永眠されたヘルマン・ツァップさんは1977年から10年あまり教鞭を執られていたこともあり、授業で板書した文字たちが残されています。
















奥様のグドルン・ツァップさんの作品も含め、カリグラフィー作品も多数収蔵されています。
羊皮紙の作品には1986年のサイン。
















レイド模様のある薄紙に、アメリカの詩人Walt Whitmanの詩を引用して書かれた1970年の作品。
2011年に東京で開催されたZapf展に行かれた方には見覚えのある作品ではないでしょうか。
Zapf展の図版解説から一部を引用させていただきます。
「dの小文字は、アセンダーが長い場合は上から書くが、短い場合は下から上に向かって書く。文字は書き始めに筆圧をかけ、途中で圧を緩め、終わりにかけてまた筆圧をかける」
















Zapfさんの1954年の著書Manuale typographicumの原稿が所蔵されていました。
















手書きの原稿、校正紙から校了紙まで全ページが保管されていました。
校正のやりとりは手紙も保管されていて、とても興味深かったです。
















背文字の箔押しの加工条件の比較と思われるテストピース。
圧や温度などの加工条件と、箔の切れを検討したものと思われます。
















ケルムスコット・プレスで使われていたハンド・プレスで、後にアメリカに運ばれ、フレデリック・ガウディが所有したプレス。
























私が訪問中にやってきた学生さんはウィリアム・モリスの研究をしているようで、スティーブがケルムスコットプレスの蔵書を取り出してきて講義を始めていました。
















スティーブにテーマやタイプデザイナーの名を伝えるだけで、書架から興味深い資料を次から次へと取り出してきてくれます。
はじめは工科大学のイメージから想像し難かったのですが、ここはタイポグラフィーの博物館と言えるでしょう。
タイポグラフィーの貴重な史料を手に取りながら学べる環境がとても素晴らしいと思いました。

※写真は RIT Cary Graphic Arts Collection の掲載許可を得ておりますので、無断複製、転用はご遠慮ください。



DAY 12 : 10月13日(火)ロチェスター(ニューヨーク州)
カレンダー用の木活字をカッティングしていただいたVirgin Wood Typeを訪問しました。
先週はLAとランカスターのプリンターズフェアに出店されていて、「この1週間は良く会うわね」とジョークでお出迎えいただきました。
つづいて「どれだけ木活字を買ったの?」と聞かれてドキッ。
LAとランカスターでピザ箱に入った木活字を抱えているところをしっかり見られていたようです。
Virgin Wood Typeは2010年に故Bill JonesとGeri McCormickご夫妻がAmerican Wood Typeの機材を入手されて創業された新しい工房です。
ハードメイプルの木口を昔ながらのパンタグラフによってカッティングし、手仕上げを施すという昔ながらの製法に拘っておられます。
















伝統的な書体のみならずオリジナルの書体にも注力されています。
こちらは木活字の原型となるパターンです。
















木活字の材料となるのはハードメイプルで、木口にシェラック・ニスを塗布し、乾燥後にサンディングして表面を磨きます。
















天然の素材ということもあり、高さ(Type-high)の管理が難しいそうです。
こちらは高さを測定する専用のゲージ。
















材料を固定します。
















パターンをセットして、パンタグラフでなぞるように動かします。
















パンタグラフの操作によって材質を固定しているテーブルが動き、高速で回転する刃によって削られます。
















昨年訪問したHamilton Wood Type Museumで見たパンタグラフは、こちらとは逆でドリル刃の方が動く仕組みになっていました。
そのことをお聞きすると、こちらのパンタグラフはAmerican Wood Typeが作らせた特注品とのことでした。
















一見簡単そうにも見えるカッティング作業ですが、刃の動かし方に習熟が必要で、これを誤るとエッジが傷んで失敗作になるのだそうです。
最初は気ままに動かしているように見えますが、しばらく見ていると刃を動かす方向やスピードにリズムがあることに気づきます。
それでもベテランと言えど不良品は出るようで、天然の素材ならではの難しさが伺える不良品入れです。
















ご主人のBillが病に倒れた時、Geriは数名の協力者のサポートによりカッティングを続ける決意をし、現在はMatt Rieckとの共同作業で製作を続けています。
Geriがカッティングを終えた後、ルーターの刃が入らない細部をMattがヤスリやナイフによって仕上げます。
















完成後、Vandercookで校正刷りをします。
















インキの替わりにカーボン紙を用いるため、インキは使いません。
Geriが「だからバージンのままよ」と冗談を言って笑わせてくれました。
















Mattの校正刷りにGeriのOKがでれば出荷という流れだそうです。
見学を終えるとジェリのアンティークの木活字のコレクションの数々を見せてもらいながらの木活字談義。
コレクションの全てを見終わるとGeriが「時間ある?」と聞いてきました。


















【Genesee Center for the Arts & Education】
Geriがメンバーの地元のアーツセンターGenesee Center for the Arts & Educationに連れて行ってくれることになりました。
Mattは仕事が残っているということでお留守番。
私のレンタカーでGeriに道案内をしてもらうことになりましたが、指示をちゃんと聞き取れるか心配になって緊張してきました。
何とか指示を聞き間違うことなく無事到着。
















中に入ると地元のブックアーティストがちょうど木活字で作品をプリントしているところでした。
プレスはVandercookが4台、ドイツ製のプラテンが1台と充実しています。
















他にもシルク印刷や紙漉き、陶芸の設備もされています。
















Geriに付いて地下室に降りると、フロアのあちこちに活字棚が!
















木活字、金属活字とも凄いボリュームです。
















かつてNY州には木活字メーカーがたくさんあったということで、珍しい書体をはじめ、コレクションのほとんど全てを見せてくれました。
















ギャラリー・スペースではガウディ生誕150年記念展が展示されていました。
タイトル通り、ガウディ生誕150年を記念した素晴らしいレタープレス作品がたくさん展示されていたのですが、Geriの作品を撮影したところで残念ながらメモリーカードが一杯になってしまいました。
彼女の作品は木活字を組み合わせて羊のイメージをプリントしています。
また、見えづらいですが上部にはGoudy 150とプリントされています。
羊のイメージは、ガウディの言葉とされる
“ Any man who would letterspace blackletter [lower case] would steal sheep. ”
(ブラックレターの文字間にスペースを入れる者は羊泥棒だ)
からですね。
























「来年また来て何か刷りなさいよ」なんて言われて、その気になってきました。



DAY 13 : 10月14日(水)シカゴ(イリノイ州)
今回のレタープレス修行の旅の最終目的地は、シカゴのStarshaped Press
活字のみにこだわったデザンと印刷を行っているスタジオです。
















動力式のジョブプレスが2台、Vandercookが1台と手フートで印刷を行っています。
















メインのプレスはこちら。
珍しいスピード・コントローラー付きでした。
















ぜひ訪ねたかったのは、彼女のライフワークとも言える金属活字や木活字を使った独創的な作品に惹かれたから。
















組み版のアウトラインを構成する木枠は、デザイナーでありプリンターでもあるJen自らがイメージを元に電動工具で加工を行っているそう。
















組版の造形的な美しさには何度みても見とれてしまいます。
















オーナメントを駆使したデザインは難しくて下手すると嫌味になりますが、彼女の組版にはまったくそれが感じられないのが凄いところ。
昨日訪問したロチェスターのアーツセンターでのガウディ生誕150年記念展にも彼女の作品が出品されていました。
















彼女のブログにその組み版とプリントが掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。
http://www.starshaped.com/blog/2015/03/17/tribute-to-a-tribute-goudy-at-150

Vandercookユーザー同士でプレスの話題も弾みます。
近年の価格高騰にはアメリカのプリンターたちも呆れ気味。
Jenの購入価格を聞いて、呆れるやら羨ましいやら。
















私が2週間の修行の旅について話したら、彼女も各地のプリンターに会いに出掛けて刺激を受けるのが好きで、今年はカリフォルニアまでドライブで行ってきたそう。
私は飛行機も使ったので総ドライブ距離は約2,300キロ。
彼女は直線距離だけで片道約2,800キロ。負けました。

帰りにシカゴの古書店を巡りました。
中古レコードと古書を扱うこの店のオヤジはとても親切でした。
どうして分かったのか「日本からか?」と聞かれ、こちらから何も言わないのに値引きまでしてくれました。どうやら日本人のお客さんが多いそうです。
















たくさんのお宝に出会えたので、急いでホテルにチェックインして荷造り。
スーツケースはすでに規定の重量ぎりぎりなので、あわてて郵便局へ。
何とか閉店までに間に合いました。
長いようで短かった旅も今日で終わりです。
たくさんの出会いと学びを今後に活かしていきたいと思います。

2015年12月23日水曜日

レタープレス修行の旅2015 その3

レタープレス修行の旅2015 その1」と
レタープレス修行の旅2015 その2」につづき、
6州9都市を2週間で巡った修行の旅もいよいよ後半に差し掛かりました

DAY 7 : 10月8日(木)ダルトン(マサチューセッツ州)
18世紀後半に創業された製紙メーカーで、紙幣用紙やステーショナリー製品の製造でも知られるCRANE & CO.が運営するCrane Museum of Papermakingを訪問しました。
1930年に建てられた石造りの工場跡がミュージアムになっています。















CRANE社はアメリカのレタープレスで定番的に用いられるコットンペーパーのレトラ(LETTRA)の生みの親としてもお馴染みです。
日本の紙商社がレトラを輸入する以前から個人輸入するほど思い入れのある紙でしたので、ぜひ訪問したかったのです。















レトラ・ブランドは2009年にNeenah Paper社に売却されたため、CRANE社は製造・販売には関与しなくなり、抄紙に関する展示は昔ながらの手漉きがメインでした。
熱に弱いネリを使わないため、和紙とは異なり紙料はヒーターによって温められます。















溜め漉きを行うVatman、湿紙を漉き枠からフェルトに移すCoucher、フェルトから湿紙をはがして重ねるLay Boyの3人の分業である点も和紙との違いです。
















このあと重ねられた湿紙はプレスに掛けられ、吊るして乾燥されます。















ホーレンダービーターのミニチュアモデル。モーターが付いているので、実際に使えそうな感じです。















透かし入りの紙を漉く漉き網です。
郵便制度の発達とともに高まった封筒や便箋の需要のなかで、上質なステーショナリーを供給し続けてきた証と言えるでしょう。





















ガイドツアーではビデオ上映を交えて歴史や製法の解説があり、簡単な紙漉きの実演もありましたが、紙幣や偽造防止の技術が話題の中心でした。


DAY 8 : 10月9日(金)シラキュース(ニューヨーク州)
創業から20年足らずでレタープレスを手掛ける印刷所としては全米でも最大級まで成長したBoxcar Pressを訪問しました。















案内してくれたアンソニーによると、彼が入社した2006年には6名だったスタッフが、今や80名ほどだそうです。
プリプレスの部署は間接照明のみの落ち着いた雰囲気で、多くのスタッフがモニタに集中していました。
印刷部門にはプラテンプレスだけで10台あり、Vandercookは本来の校正機として活躍しています。















他にも多数のシリンダープレスや箔押し用のプラテンが整然と並んでいます。
撮影を許されなかった機材もあって写真は少な目ですが、広大なスペースにたくさんのスタッフが働いていました。















製版の部署には樹脂版の製版機が3台あり、製版サービスも行っています。
箔押しを除いて印刷版は全て樹脂版を使用しているとのことでした。















広大な用紙倉庫には様々な銘柄がストックされ、特抄きのオリジナル用紙や輸入紙もありました。
製品を管理する部署ではカード類が整然と棚にストックされており、社内の隅々まで管理が行き届いていました。


DAY 9 : 10月10日(土)スカニアトレス(ニューヨーク州)
これまでの道中、行く先々で会う人が皆「ぜひ訪問すべき」と声を揃えてお薦めしてくださったのが今日の訪問先The Press & Letterfoundry of MICHAEL & WINFRED BIXLERです。
モノタイプ社製の鋳造機による活字鋳造と大型のシリンダープレスによる書籍印刷を得意とされています。
ちょっぴり緊張して呼び鈴を鳴らすと、マイケルさんとウィニフレッドさんご夫妻が歓迎してくださいました。















鋳造の実演をしてくださるということで、鉛が解けるまでの45分の間にお話しを伺いました。
1973年にボストンで創業され、10年後に今の地に移転したのだそうです。
創業当時はレタープレスからオフセットに移行期だったので、機材の入手がしやすくて絶好のタイミングだったとおしゃっていました。















大型のシリンダープレスをお持ちですが、仕事の性質によっては活字組版や清刷り(=オフセット印刷に利用)での納品を請け負っている点も特筆すべき点です。















レタープレスによる限定本をはじめ、清刷りからオフセット印刷で刷られた美術出版本など、手掛けられたお仕事の数々をご紹介いただきました。
モノタイプによる鋳造ということでページ物の組版を多く手掛けられ、拝見した本の中には日本のクライアントのものもありました。















1995年に発行された書体の見本帳は、本文と見出しをイメージしやすいようにデザインされ、本文を想定した組版は各書体の解説となっています。
ローマン体はBEMBOをはじめ、DANTE, WALBAUM, VAN DIJCK, CENTAUR, JOANNA, GARAMOND, EHRHARDT, FOURNIER, BELL, BASKERVILLE, POLIPHILUSの12書体も掲載されている他、GILL SANS, UNIVERSのサンセリフと数多くのボーダー、オーナメントで構成されています。
ブックデザインの際の心強いツールであることはもちろんのことですが、上質な用紙と製本も相まって単なる見本帳というより作品という方が似合う書籍です。

組版は主にウィニーさんの担当で、鋳造と印刷がマイケルさんの担当だそう。
モノタイプ社製の自動鋳植機は鑽孔テープを用いた昔ながらの手順で行われています。
ウィニーさん曰く、「シンプルなのが良いの」とのこと。















キャスターにセットされた鑽孔テープにより、本文の鋳造から組版まで自動で行う自動鋳植機。
マイケルさんは鋳造機の部品を外しながら構造と動作の原理を丁寧に教えて下さいました。















自動鋳植で組めないページはこちらで手組みを行う。
整理整頓された植字台からも丁寧なお仕事ぶりが伺える。















鋳造の準備が整い、マイケルさんがオーナメントを鋳込んで下さることに。
調整が終わったかと思えば、やってみろとのお言葉。
見よう見まねでレバーを動かして緊張のスタート。















予定数が出来上がった所でストップレバーで止める。
ガチャンと大きな音がして機械が止まりました。
マイケルさんから「音を出してはダメだ」と指摘されました。
正確な名前は判りませんが、ストップレバーの隣りにあるレバーに手を添えることで音を出さずに止めることができるようになりました。















途中で坩堝に活字地金の補充をするよう言われて準備をします。
溶解した地金は300度以上ですから飛び散らせると大変です。
そっと滑らせるように無事投入できてホッと。















少し判りにくいのですが、下の写真の真ん中あたりの一列が鋳造中の活字です。
左から右に一文字ずつ出てきます。
肝心の機械の調整は何一つ学んでいませんが、気分だけはもう活字職人です。















好きなだけ鋳込んでいけとのお言葉に甘えさせていただいて6種類ほど、あっという間に予定の時間に。















日本からのお土産に初号活字の「活字」の二文字をお渡ししたところ、大変喜んでくださいました。
ウィニーさんが「ぜひまた来なさい。今度来る時は1週間よ」と真顔でおっしゃるので、はじめは社交辞令かなと思ったのですが何度も何度もおっしゃるのです。
「鋳造術に興味を持つ人たちに継承したいの。ウチは開かれた鋳造・印刷所よ」というお言葉が印象に残りました。

DAY 10 : 10月11日(日)ランカスター(ペンシルバニア州)
5時間のドライブでペンシルバニア州に向かいます。
郊外のハイウェイは混雑も少なく、マイペースでのんびり走れます。
道案内はカーナビ任せで、一人旅のロングドライブも苦になりません。















Lancaster Letterpress Printers Fairにやって来ました。
LAで出展されていたベンダーさんもいて、「どこかで見たと思ったら!」とびっくりされました。
こちらでもピザ箱に入れて売られていた木活字に良いのがあったので購入しました。















別会場では足踏みプレスの実演が行われていました。















リズミカルな手足の動きは、まるでダンスのようです。















帰りに古書店に寄り道です。
3フロアにところ狭しと並んでいて、1Fには本格的なカフェがありました。
また5時間のドライブでNY州に戻らなければならないので、お目当ての本を買ってお店を後にしましたが、1日かけて過ごしたい場所でした。















本やら活字やら重たいものばかり買い求めますから、行く先々の土地のオフィス文具店で梱包材を購入しては荷造りして郵便局に駆け込む羽目になるのです。

つづく

なに活ムービー

人気の投稿

Translate