【Ask about our custom printing】
オールド活版印刷機でレタープレス、箔押し、エンボス、デボス、バーコ(盛上げ)、小口染めの印刷・加工をしている大阪の活版印刷所【なに活】です。

名刺、招待状、ステーショナリー、年賀状のカスタムプリンティング承ります。 ワークショップや、活版印刷機の時間貸しもしています。


 なにわ活版印刷所 ホームページ

 http://www.nanikatsu.jp/


* 
 活版ワークショップ in 大阪

 次回は2017年8月26日(土)開催です。満席になりました。
*
 Prismショップ  レタープレスと紙雑貨

*
 なにわ活字店 欧文活字と装飾活字の販売
*
 なにわレタープレス製版所

 樹脂版の製版サービス

 

2015年7月1日水曜日

顔料箔と小口染め

ピンクの顔料箔と小口染めのビジネスカードをお納めさせていただきました。
デザイン・制作 THE STRIPPERS様 http://the.strippers.jp/
GAファイル<450>ブラック、顔料箔押し+空押し+小口染め





















裏面は空押しになっていて、お一人おひとりで異なるコピーが印象的です。
3年ほど継続してご注文をいただいているのですが、毎回コピーを楽しみにしています。


















箔と小口染めの色はばっちり合わせました。
表裏への滲み出しもなく仕上げています。


















箔押し、空押し、小口染めという仕様の豪華さや印象的なコピーだけではなく、この案件には特別な想いがあります。
お客さまから初めてご相談いただいたのは2012年の夏でした。
当初のお引き合いは箔押しではなく、印刷と小口染めでした。
当時は濃色の紙への小口染めの経験が少なかったこともあり、印刷色と小口染めの色合わせは難しいと一旦お断りしたのでした。
ほとんどの場合はここで案件は流れますが、この時は違いました。
何とか実現する方法がないだろうかと引き続き熱心にご相談をいただいたのです。
私の印刷実験のブログ記事をご覧いただいていたお客さまは、なに活なら何とかするのではと思われたそうです。
直接お目に掛かったことは一度もありませんが、メールの文面からは何としてもこの仕様を実現させたいという熱い想いが伝わってきました。
そんなお客さまに見込まれたとあって、私の心にも情熱の灯りが燈りました。
テストを繰り返す中で、印刷ではなく箔押しに変更したり、小口染めのインキは種類や配合のテストを繰り返して滲み出しを抑えたりと、一歩一歩課題を解決していきました。
ようやく冬に最終のテスト品をお納めし、発注のGoサインをいただいた時の嬉しさは昨日のことのように思い出されます。
クリエイティブな仕事というのは、制作に関わる者すべての情熱を引き出すことなんですよね。
活版をはじめて8年、お客さまに育てていただいて今日があります。
ありがとうございます。


なに活ムービー

人気の投稿

Translate