【年末年始の営業について】
2017年12月28日(木)から2018年1月8日(月・祝)まで社休日とさせていただきます。
新年は1月9日(火)から営業いたします。


【Ask about our custom printing】
オールド活版印刷機でレタープレス、箔押し、エンボス、デボス、バーコ(盛上げ)、小口染めの印刷・加工をしている大阪の活版印刷所【なに活】です。
名刺、招待状、ステーショナリー、年賀状のカスタムプリンティング承ります。 ワークショップや、活版印刷機の時間貸しもしています。


 なにわ活版印刷所 ホームページ
 http://www.nanikatsu.jp/

   
 活版ワークショップ in 大阪
 次回は2018年1月27日(土)開催です。
 参加者募集中です。
   
  Prismショップ  レタープレスと紙雑貨
   
  なにわ活字店 欧文活字と装飾活字の販売*
   
  なにわレタープレス製版所  樹脂版の製版サービス

2012年1月30日月曜日

白インキと二度刷り & 金属版と樹脂版

フリッター グレーに白ベタ + スミ文字の案件を先日納品させていただきました。
レースをモチーフにしたデザインが、フリッターの紙色と風合いにとてもマッチしています。

(デザイン・制作:risa sato 様) more photo>>>
用紙:フリッター グレー<220>、刷色:Opaque White×2(樹脂版)Black(亜鉛版)

お打ち合わせでは、なに活から2点ご提案をさせていただきました。
最初のご提案は白ベタの二度刷り。
凸版(レタープレス)ではオフセットよりインキを盛ることができますが、それでも紙の色を完全に隠ぺいする事は難しく、紙色の影響を受けてしまいます。
また、限度を超えてインキを盛れば、裏汚れなどのトラブルを引き起こしてしまいます。
一般的にインキの膜厚は、

平版(オフ) < 凸版(レタープレス) < 凹版(グラビア) < 孔版(シルク)

とされています。
下地の隠ぺい力を最も重視したい場合は、他の印刷方式や箔押しを含めて検討する方が良いでしょう。

下の画像は一度刷り(左)と二度刷り(右)の比較です。
裏汚れを警戒しながら結構インキを盛りましたが、一度刷りは下地の影響を大きく受けています。




二つ目のご提案は、樹脂版と金属版の併用です。
フリッターは不規則な凹凸のある風合いのある紙ですので、白ベタはかすれないよう柔らかい樹脂版を、スミ文字は印圧を重視して金属版を選びました。
もっと印圧を掛けることもできますが、文字が滲んで潰れたり、裏面に影響が出ないよう加減して調整しています。
印圧についての想いは長くなるので、後日あらためて書きたいと思います。
樹脂版のことは以前にも書きましたが、硬いタイプから柔らかいタイプまで何種類ものバリエーションがあります。
なに活では文字とアミがシャープに出るタイプを標準として、3種の樹脂版を使い分けています。
柔らかい紙(厚めのコットンペーパーなど)、版の面積が小さい、線画のみのデザインなど、条件によっては硬い樹脂版でも十分凹む場合がありますし、金属版より安価です。
どちらが良い悪いではなく、適材適所の使い分けが肝心と考えています。
仕様についてお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。
Happy Printing!

なに活ムービー

人気の投稿

Translate